事件

大麻栽培の女子高生なぜバレた?使用経験者で通報したのは友人?

大麻栽培、女子高生、なぜ

大胆にも大麻栽培を自宅のアパートでしていた女子高生が逮捕される事件が起きました。

大麻の栽培は初めてと供述していますが、もともと大麻使用の経験者である可能性は否定できません。

しかし大麻に関わったことのない一般人が、その植木を見ても大麻だとわかる人はほとんどいないようなのですが、なぜバレてしまったのでしょうか?調査しました。




新潟県・中越地方の女子高生が大麻栽培で逮捕

自宅のあるアパートの共用階段の踊り場で大麻を栽培していたとして、19歳の女子高校生が逮捕されました。栽培用の種はインターネットで入手したということです。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、新潟県の中越地方に住む19歳の女子高校生です。警察によりますと3月下旬から7月7日までの間、大麻を栽培していた疑いが持たれています。警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

提供:BSN新潟放送

女子高生がアパートの共用階段の踊り場で、大麻を栽培しているなんて話は聞いたことがありません。

今回の事件のポイントは

  • アパートの共用階段で大麻栽培(公の場である)
  • 親が大麻と気付いていない(知っていたら共犯ですが)
  • 19歳の女子高生
  • 種をネットで購入(普通に買えるの?)
  • 容疑をあっさり認めている

不通は隠すものですが、あまりに大胆すぎる行動です。

各報道の一連の流れや容疑をすんなり認めていることから、大麻の種を育てること自体は問題ないと思っていたのでしょうか?

※ちなみにインターネットで大麻の種は普通に買えるようです。そして大麻の種を購入・所持すること自体は違法ではないのです。

大麻の種を大麻草まで育てていたから捕まったというわけです。




大麻栽培なぜバレた?使用経験者で通報したのは友人?

ここで気になるのが、大麻栽培がなぜバレたのか?ということです。

冒頭にも書きましたが人目に付く場所に置いてあったものの、普通の人が大麻草を見てそれが大麻だとはわからないものなのです。

ちなみに私も全然わかりません。

バレた理由として考えられるのが

  • もともと大麻使用者
  • 知人や友人が通報した

この2点だと思われます。

もともと大麻使用者

女子高生は19歳で大麻を栽培していた。

目的は自分が使う用と供述していて転売の意志もあったかもしれませんが、ほぼ使用したことがあるからこそ栽培をするという発想に至ったのだと思われます。

※大麻の使用や所持の疑いがもともと情報としてあったため、通報された可能性も大いにあります。

大麻に関する何かしらの情報があったかもしれないというわけですね。

友人・知人の通報

女子高生の大麻栽培を通報したのは友人や知人ではないかと思われます。

家族であれば子供を通報なんてしませんし、その前に辞めさせます。

逮捕された女子高生と仲の良い友人や、知り合いには大麻栽培をしていることを密かに教えている可能性は充分にあると思います。

若い時は特に良くないことでも秘密を誰かに話して共有したい気持ちがあるものですし、自宅に遊びに来た人物なら植物について聞くものだと思われます。

大麻栽培を知った友人・知人が彼女のためを思ってかはわかりませんが、警察に通報したのではないかと。

詳細については、わかり次第追記していきます。




世間の声