エンタメ

ファーストサマーウイカのファンへの誹謗中傷内容は?裁判理由まとめ!

ファーストサマーウイカ、誹謗中傷

タレントのファーストサマーウイカさんが、ファンから訴えられ裁判沙汰になっていたことが報じられましたね。

ファンA子さんに成りすましたTwitter偽アカウントが、ウイカさんを誹謗中傷したのが始まりでした。

しかし、ファンA子さんが自分ではない偽物だと何度も訴えたにも関わらず、調べもせずにウイカさんはファンA子を晒しものにして誹謗中傷の数々を行ったのでした。

ウイカさんの暴言内容や、裁判になった理由や原因をまとめましたので紹介していきます。




ファーストサマーウイカのファンへの誹謗中傷内容

偽物のファンのアカウントからの攻撃に、怒ったウイカさんはその相手がファンA子さんと決めつけ誹謗中傷を繰り返しました。

内容を簡潔にまとめて紹介します。

①ライブ撮影会で中指立てて威嚇

ファーストサマーウイカ、誹謗中傷

2019年9月のBILLIEの京都公演での出来事。

ライブ後の撮影会に並んでいたA子さんとチェキを撮る際に「中指を立てたポーズ」をしていました。

この中指立ては想像の通り相手を威嚇したり、敵意を向けたポーズです。

さらにこの時、ファンA子さんに向かって大声で問題のツイッターアカウント名を叫んでいたそうです。

完全にファンA子さんが犯人だとした上での対応だったと想像できます。

②インスタグラムでファンA子を恫喝・威嚇

ウイカさんが10万人ものフォロアーがいる自身のインスタグラムで、ファンA子に対するものと思われる恫喝・威嚇をしました。

ファーストサマーウイカ、誹謗中傷
  • 『この女性が平気な顔して他の方を騙したり脅したりしている
  • 『お顔も身元も証拠すべておさえまして、それなりの対応をさせて頂いております』

などの発信内容。

ファンA子さんは自分ではないと訴え続けていました。

本当にファンA子さんのアカウントだったのか調べた上での発信だったのでしょうか?

調べずに決めつけてしまったのでしょうか。

ファンのA子さんは深く傷ついたそうです。




ファンA子の逆襲!裁判になった理由や原因まとめ!

この度の騒動でウイカさんとファンA子さんが裁判沙汰になってしまった大きな理由は、、

  • ファンA子さんには身に覚えがなく、自分の無実を「BULLIE」の事務所に訴えた
  • 証拠を揃えて何度も反論したが受け入れてもらえず、運営事務局からイベントの出入り禁止をくらった
  • さらにウイカさんのSNSでの追い打ち
  • ファンA子さんはSNSで誤解を広められた

これらが重なり、A子さんはライブにも行けなくなり精神的な苦痛を負い、さらにウイカさんの影響力で世間に誤解を広められた。

そしてウイカさんに対して慰謝料100万を求める裁判を起こしたのです。

「私は犯人扱いされ、SNSで誤解を広められました。それは、『もうあの人(ウイカ)のことは忘れて、気にせず生きていこう』と思える限度を超える出来事でした。だから、訴訟を起こしたんです。  

本心で言えば、ウイカさんにきちんと謝罪してほしい。そして、私が濡れ衣を着せられた事件の真犯人は誰なのか、真相を知りたいと思っています」

提供元:FLASH

ウイカさんはファンA子さんを犯人として扱っていますが、ファンA子さんは濡れ衣を晴らそうとしたのにまともに聞き入れてもらえなかったのです。

ウイカさんサイドも犯人と決めつけずに、しっかりと有無を調べるなど丁寧な対応をしていれば裁判にまでなっていなかったかもしれません。

ただ現時点では詳細は判明していないので、今度の情報を確認していく必要があります。




世間の疑問の声

世間ではこの騒動のウイカさんサイドに対して、疑問視する声もあがっているようです。

今はこのような誹謗中傷をするアカウントが誰のものか、手続きを踏めば比較的簡単に調べられます。

それをしていない事、そしてファンA子さんが犯人と決めつけてA子さんを威嚇するような発信をした一連の行為に対しての疑問声などです。