エンタメ

赤江珠緒アナが太もも採血で2軍下着に後悔?勝負下着(1軍)は何?

赤江珠緒、アナ、下着

コロナウイルスから肺炎になり入院中の赤江珠緒アナ。

そんな赤江珠緒アナがラジオ「たまむすび」でコロナ入院検査時の下着について話したことが話題になっています。

1軍下着ではなく2軍下着だったらしく、赤江アナが皆さんに注意喚起されてたので紹介していきます。




赤江珠緒アナがコロナ肺炎で入院

新型コロナウイルスの感染を公表した、フリーアナウンサー赤江珠緒(45)が29日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~木曜午後1時)にメッセージを寄せた。その中で、発症11日目の25日に肺炎と診断され、入院したと明らかにした。

赤江は医師の勧めで改めてレントゲン検査と血液検査を受け、肺炎が判明。発症から11日目で入院したが「当初、軽症で肺炎症状がなかった私ですが、自分が悪化しているかどうかを判断するのは本当に難しかったです」と語った。その上で「自宅から全く出られない日々の中で、病院に通うのも難しく、それほど悪くなっていない気もするしなぁ…もう少し様子を見るか、と自宅療養を続ける気持ちの方が強かったです。ただ、いざ検査をすると、即入院」と説明した。

提供:日刊スポーツ

赤江珠緒アナはコロナウイルス陽性で自宅で療養しながら、娘さんのお世話もしていましたが検査で肺炎が発覚し即入院。

『当初、軽傷で肺炎症状もなかった』とのことで、自宅で療養するつもりだったようです。

赤江アナのようなタバコも吸わず若い女性でも肺炎になってしまうことに驚きました。




赤江珠緒アナが太もも採血で2軍下着に後悔?

 

そんな赤江珠緒アナですが、自身が出演していたラジオ「たまむすび」当てたへメッセージがあり、採血検査の時の下着に関する話しで笑いを提供してくれました。

赤江アナのメッセージ

『採血が一度だけ腕じゃなくて、太ももの付け根だった事があって油断していたから1軍下着じゃなかった。だから皆さんも気をつけて

と最後に一言追加メッセージ(笑)

博多大吉さんは『慌ててこんな話1枚被せてこなくても大丈夫ですよ』

外山恵理さんは『パンツはどうでもいい話なんですよ』

と一蹴。

どうやら検査時の採血は腕からと思っていたらまさかの太もも採血もあり、下着姿にならざるおえなかったようです。

採血は腕からが当たり前というイメージがありますが気をつけないと、、、

さすが赤江アナ、深刻な状況の中の真面目なメッセージの最後にこんなオチを入れられました。




赤江珠緒アナが下着の注意喚起・世間の声

赤江アナからの検査・採決への注意喚起。

下着ネタ、アドバイスに対して世間は好評のようです。

こんなオチ話をされた赤江珠緒アナでしたが、元気そうな感じで『安心した』との声も多かったです。

早く完全回復されること待っています。




赤江珠緒アナの勝負下着は?

赤江珠緒、アナ、下着

赤江珠緒アナの1軍下着(勝負下着)はどんな下着なのでしょうか?

ちょっと気になったので調査してみると、、

8年前になりますが、過去のラジオ「たまむすび」にて『毎回勝負なので、毎日シースルーの勝負下着をつけて放送します!』

と言われています。

赤江アナの勝負下着はセクシーなシースルーの下着だったようです。




まとめ

ラジオ「たまむすび」での追加コメントで冗談をかました赤江珠緒アナ。

赤江さんも容態が落ち着いているみたいですし、旦那さんも回復されているそうです。

無理せずゆっくり回復され、またテレビで見れるのをお待ちしています。